トラックドライバーの求人情報はたくさんありますが、多すぎて理想とするところを見つけるのは簡単ではない可能性があります。こちらでは就職活動を行うときに考慮すべきポイントをいくつか紹介するので、理想のトラックドライバーを目指すなら参考にしてください。

免許の種類によって異なる運転可能なトラック

トラックドライバーとして働きたいのなら、求人情報に応募するまえに自身が持っている免許の種類をしっかりと把握しておきましょう。所有している免許によって乗れるトラックが異なるので、応募できる求人も異なってきます。

普通免許だけでOK!運転できるトラックの種類!

コロナも収束の兆しが見えず、在宅ワークや自粛ムードにより家にいる時間も増え、ネット上で買い物をする人が増えました。それに伴い宅配便などの物流業や運送業の求人が増えています。でも自分の免許ではトラッ…

Read More

普通車よりもずっと大きい!中型免許で乗れるトラック!

運転する車の大きさによって、免許の種類がいくつか分かれています。まず、ほとんどの人が取得する普通免許ですが、トラックドライバーとして運転できる車の目安としてはライトバンやワゴン車が該当します。また…

Read More

さまざまなトラックを運転できる!大型免許!

第一種免許には色々な種類がありますが、乗れる車の大きさによって免許の種類が異なります。具体的には、大型免許や中型免許、さらには準中型免許や普通免許とに分類できます。その中でも大型免許で乗れる車の目…

Read More

トラックドライバーの求人の探し方

トラックドライバーの求人情報を探す方法はいくつもあります。より多くの情報を集めた方が就職活動が有利になるので、それらの方法をしっかりと知っておきましょう。ここでは代表的なものを紹介するため就職に役立ててください。

地元の情報が盛り沢山!求人情報誌!

トラックドライバーの求人情報を調べる際に、重宝するのが求人情報誌です。昨今ではインターネットの普及によって、ネット上の求人サイトでも気軽に情報を収集できるようになりましたが、トラックドライバーのよ…

全国から探せる!ネットの求人サイト!

求人を探す方法は色々ありますが、おすすめなのはやはりネットの求人サイトです。ネット上には様々な求人サイトがあり、全国の求人情報が豊富に揃っています。様々な業種の求人があるので、トラックドライバーの…

会社の前で確認可能?看板やポスターでの求人!

深刻な人手不足の可能性があるので採用されやすい

求人広告は職業安定所や転職サイトでの確認が一般的な方法ですが、会社の玄関に看板を置いたりポスターを貼るケースも少なくありません。このような所は急に人が辞めてしまい、業務に支障が及んでいる可能性があります。一般的な求人広告は申し込んでから公開されるまで数日ほど時間がかかりますが、そのわずかな時間も待っていられないほどの深刻な人手不足の状態に陥っていると言えるでしょう。一刻も早く必要な人材を確保したいと考えた結果が看板やポスターを使った求人です。そのため、問い合わせた時点ですぐに採用されることも珍しくありません。トラックドライバーの仕事は安全運転が第一なので過去の運転歴を問われることもありますが、それでも早いうちに決まるのが普通です。

転職サイトなどに求人広告を出さない理由を考える

看板やポスターで求職者を募る会社の多くは今すぐドライバーを確保したいと考えています。しかし、中には求人広告を出すお金がないなど別の理由を持っている会社もあります。転職サイトなど就職情報を扱う会社に求人広告を出してもらう際は広告の大きさや利用期間ごとにお金を支払う必要があります。そのお金を工面できず、看板やポスターに頼ってしまうのです。職業安定所は無料で利用できますが、労働関係の法令違反がある事業所は新卒求人を受け付けてもらえません。新卒以外でも違反歴を理由に広告の掲載を断られることがあります。利用者が多く宣伝効果もある転職サイトや職業安定所に求人広告を出さない会社は相応の理由があると見なし、慎重に判断するのが賢明です。