普通免許と中型免許の違いとは

運転する車の大きさによって、免許の種類がいくつか分かれています。まず、ほとんどの人が取得する普通免許ですが、トラックドライバーとして運転できる車の目安としてはライトバンやワゴン車が該当します。また、中型免許で運転できる車の目安は、いわゆる4tクラスの中型トラックです。車両の重量や乗車定員で比較してみると、普通免許の場合は車両総重量3.5t未満、最大積載量2t未満、乗車定員10人以下です。中型免許の場合、車両総重量11t未満、最大積載量6.5t未満、乗車定員29人以下となります。やはり、中型免許があるとかなり大きなトラックを運転できることが分かります。ただ、会社によっては中型や大型免許へのステップアップ制度を設けているところがあるので、入社時に中型免許がなくてもOKというところは多いです。

普通免許の取得時期によって運転できる車両が異なります

時代と共に道路交通法が改正され、中型免許や準中型免許という区分が誕生しました。まず2007年6月の改正で中型免許制度が誕生し、2017年3月の改正で準中型免許が登場したのです。このように度重なる改正によって、運転できる車の大きさが細かく分類されたのでした。それでは以前から普通免許を取得している人たちは、どの大きさまでの車が運転できるかが気になるかもしれません。普通免許の取得時期によって運転できる車両の種類が異なることは知っておくと良いです。何故なら、普通免許しか取得していなくても、応募資格に当てはまるケースが少なくないからです。ちなみに2007年6月1日までに取得した人は中型(8t未満)、2007年6月2日~2017年3月11日までに取得した人は準中型(5t未満)の車両が運転できます。免許証の免許の条件の欄にその旨が記載されているので、一度チェックしておくことが望ましいです。

トラック運転手の募集は誰でも歓迎される求人です。未経験でも働ける仕事であり、安全運転を行える人材なら採用されます。