大型免許を取得して乗れる車

第一種免許には色々な種類がありますが、乗れる車の大きさによって免許の種類が異なります。具体的には、大型免許や中型免許、さらには準中型免許や普通免許とに分類できます。その中でも大型免許で乗れる車の目安は、長距離や重量物輸送用です。これらはいわゆる10tクラスの大型トラックに該当します。大型トラックの車両寸法や最大積載量は、数あるトラックの中でも最大となる規格です。車両寸法でいえば、全長12,000mm以内、全幅2,500mm以内、高さ3,800mm以内と定められています。また、車両総重量11t以上、最大積載量6.5t以上、乗車定員30人以上となっています。大型免許を取得すれば、様々なトラックを運転できるメリットが生じるのです。ただし、大型免許には受験資格があり、普通免許取得後3年以上経過した21歳以上という条件があります。

上位資格を取得して乗れる車を増やそう

車の免許を取る際、まずは普通免許から取得するのが一般的です。また、普通免許を取得後2年以上経過すれば中型免許を、3年以上経過すれば大型免許取得のための受験資格が得られます。トラックドライバーとして働く場合、上位資格を取得して乗れる車を増やすことがキャリアアップへの道となります。まずは普通免許での配送を経験し、慣れてきたら大きな車を運転するために、中型免許や大型免許を取得することが望ましいです。何故なら乗れる車の種類が増えるほど、会社から重宝されるようになるからです。それが結果として、キャリアアップや年収アップにつながってきます。ただし、大型免許で乗れる大型トラックは、主に長距離輸送で使われることが多いです。長時間運転になるので、日頃から体力をつけておくことが肝心です。

トラック運転手の求人は、ハロワークや転職サイト、運送会社のホームページなどから探せます。会社によって仕事内容や走行距離などが異なるので、求人の詳細をよく確認しましょう。